介護職員初任者研修

現在開講の予定がございません。
介護職員初任者研修は平成25年度より、従来のホームヘルパー2級から移行する形でスタートしました。これから介護の仕事に携わろうとする方、また介護の現場で働きはじめて間もない方に向けて、基礎的な知識と技術を身につけて頂くことを目的としております。 資格取得後は特別養護老人ホームや老人保健施設等の介護福祉施設、訪問介護事業所などで勤務するのが一般的です。正社員だけでなく、パートや派遣社員など様々な勤務体系をとれるため、男性女性ともに人気の資格です。
介護職員初任者研修についての詳細は大阪府福祉部のページをご覧ください。

受講料

講座名
介護職員初任者研修 
受講料
-

日程

オリエンテーション
講座日程
時間
-

受講対象者

受講資格は特にありません。16歳から60代まで幅広い年齢の方が受講されます。
このような方が受講しています。
・これから介護のお仕事をしたい方
・すでに介護施設や事業所で働いていて、体系的に学びたい方
・家族の介護をするために専門的な知識や技能を身に着けたい方

学習内容

介護職員初任者研修取得のための学習システム、自宅学習とスクーリングの組み合わせで効果的に学びます。

オリエンテーション
日程の確認、教科書・課題の配布を行います。

講義
職務の理解、介護保険制度、医療との連携、認知症の理解等介護職員に必要な制度や知識をしっかり学びます。

実技
食事の介護や、入浴の介護、移動・移乗の介護、排泄の介護等、介護職員に必要な技術をベッドや車いすを使って、しっかり学びます。

総合演習
介護過程の基礎的理解や総合生活支援技術演習等、事例を通して講義や実技で学んだことを体系化します。状況に合わせて適切に対応できるように根拠や理由を理解した上での技術習得を目指します。

自宅学習
自宅学習の併用で講義日数を短縮します。 初任者研修の通信制では37時間(※地域により異なります)以上の自宅学習が必要です。 テキストに基づいて、添削レポート(問題)を作成していただきます。 講師がしっかりサポートいたします。

振り返り・修了評価(筆記試験)・修了式
学んだことを再確認。
修了証明書の交付
講座の修了を認定された方には、介護職員初任者研修修了証明書をお渡しします。
認定については、下記認定方法をご参照ください。
●認定方法
研修修了の認定方法
1.所定の添削レポートを全て提出し、合格点を得点すること。
2.指定された全日程を履修された方。
3.修了評価(筆記試験)を合格すること。
上記の事項を全て満たした方に、修了証明書を発行します。
本講座の修了証明書は全国で通用いたします。
●講座期間内に修了できなかった場合
各コース日程が決まっていますが、講座期間内で終わらなかった場合、オリエンテーションから最長8ヶ月まで履修することができます。