福祉用具専門相談員

現在開講の予定がございません。
福祉用具の選定や使用方法などをアドバイスするための資格です。 車椅子・特殊ベッド・歩行器・食器など様々な福祉用具の選定の仕方や使い方など、介護を受ける方と介護をする方のニーズや特性に合わせたアドバイスをし、利用者の生活機能の維持または改善を目的とした授業を行います。実際に福祉用具を使用しながら学んでいただけるので、より丁寧に学ぶことができます。 福祉用具関連の企業に就職を考えている方だけではなく、介護者として福祉用具を利用する機会がある方にもオススメの講座です。             なお、福祉用具に関する知識を有している国家資格保有者(保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、義肢装具士)は、介護保険の指定福祉用具貸与・販売事業所における福祉用具専門相談員の業務にあたることができます。

受講料

講座名
福祉用具専門相談員
受講料
-

※テキスト代込・税抜

日程

オリエンテーション
-
講座日程
-
時間
-
教育訓練 給付金制度適用 母子家庭自立支援 給付金制度適用

受講対象者

受講資格は特にありません。16歳から60代まで幅広い年齢の方が受講されます。

このような方が受講しています。
・これから福祉用具相談員として福祉用具販売・レンタルのお仕事をしたい方
・福祉用具に関する知識・技術を身につけて、今の仕事に役立てたい介護関連職の方
・様々な福祉用具や住宅改修、バリアフリー等に興味をお持ちの方や勉強したい方

学習内容

本講座は以下のカリキュラムから構成されています。

福祉用具専門相談員の学習内容(5日間)

・老人保健福祉制度の概要
・高齢者等の心理
・医学の基礎知識
・リハビリテーションの概要
・介護に関する基礎知識
・介護場面のおける福祉用具の活用
・介護技術
・福祉用具の活用に関する実習

●研修修了の認定方法
指定された全日程を履修された方は全カリキュラム修了後に修了評価試験を実施し、合格基準を満たされた方は福祉用具専門相談員の修了証明書を取得することができます。

ジョブスクール学援舎の特徴

経験豊富な講師陣

リハビリテーションや応用動作能力回復が専門である理学・作業療法士が中心のとなり、福祉用具の活用方法等を指導いたします。 また、現場経験豊富な介護福祉士が福祉用具を利用した介護技術等を担当いたします。

実践的な授業内容

老人保健福祉制度や福祉用具の知識、リハビリテーションの概要等、 福祉用具の選定やアドバイスをするための知識を学びます。

修了証明書を発行

所定のカリキュラムをすべて修了し、修了評価試験で合格基準を満たすことにより、福祉用具専門相談員指定講習会の修了証明書を発行いたします。 本講座の修了証明書は全国で通用いたします。